日常&小説を載せます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
光と闇の世界
2007-10-27 Sat 11:54
一応雑談の場ということで掲示板があります
http://senoa2009.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/cbbs/cbbs.cgi
これをアドレスバーに入れれば掲示板に進むことができます。
スポンサーサイト
別窓 | 雑談の場 | コメント:0 | トラックバック:0
登場人物紹介
2007-10-27 Sat 13:45
登場人物の紹介です。


登場人物

セノア…この物語の主人公(クラヴァット)

雫を集めるために村で選ばれたクリスタルキャラバン
雫を三つ集めて年を越すことがセノア達の使命である。


アーク…鍛冶職人(リルティー)

ある日モンスターに襲われクリスタルをなくしてしまった
自分の村も失い死に掛けていたところセノアに助けてもらう。


ジーク…錬金術師(ユーク)

シェラの里に住むユークあることをきっかけに
セノア達とともにヴェレンジェ山のボスを倒すための
旅に出る。


キール…商人(セルキー)

ルダの村に住むセルキー
セノアに村を救ってもらいその恩返しのため一緒に旅をする。


+キャラ モーグリ

クリスタルキャラバンの手伝いをするモーグリ
攻撃はあまりしてくれないがクリスタルを持って運んでくれる

別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0
一週間の時間割…
2007-10-29 Mon 15:41
俺の一週間の時間割で面倒なことが起きたっす…
選択授業ってのがありまして
それで選択1と選択3を数学にしたんです

  ~一週間の時間割~
 月  火  水  木  金
1国語|保体|国語|数学|数学
2技家|音楽|数学|理科|保体
3社会|英語|英語|保体|社会
4選1||選3|選2|国語|選4
5学活|理科|総合|英語|道徳
6/ |美術|総合|特活|/


見てのとおり一週間全部に数学があるんです…
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
ファイナルファンタジークリスタルクロニクル 第1
2007-10-30 Tue 19:35
え~出来はまぁ、しょぼいかも知れません

~第1~


遥かな昔――神に愛でられしこの大地を、巨大な隕石が襲った。

大気は猛毒の瘴気に冒され、多くの種族が滅亡した。

絶望に打ちひしがれた人々は生きる気力をなくし、

ただ自らの運命を悲しんでいた。

未来は闇に覆われていたが、1つだけ希望があった。

瘴気を浄化する力を持つ聖なるクリスタルの存在――。

太古の昔に存在したという伝説の″大クリスタル〝の破片である。

生き残った人々は、世界に点在する聖なる光の下に身を寄せ合い、

その輝きを中心に新たな町やむらが作られた。

大きな街は大きなクリスタル、小さな村には小さなクリスタル。

世界は再び活力を取り戻した。

しかし、人々は瘴気との折り合いながら毎日を生きることに追われ、

大切なものについて考えることをやめてしまった。

人々の記憶から忘れ去られた大いなるクリスタルの伝説――

その理由は知りえるのは、クリスタルを継ぎし者だけかもしれない。




ティパ半島にある
ティパの村、そこに住んでいる牛飼いのセノア・・・
いつもと変わらない平凡な日々をすごしていた・・・が・・・
「セノアー、今度はこっちだ!」
セノアの親父カルノア、セノアに牛飼いの仕事を手伝わせていた
「くっそ~…、あのジジィ…人をこき使いやがって…」
そうつぶやくと
後ろにいたカルノアがセノアの頭めがけて刀を振り下ろしてきた
「あぶな!」
セノアは前に転がりギリギリのところで刀をよけた
「ちっ、はずしたか!」
「殺す気かこの馬鹿親父!」
「ま、このくらいよけれなけりゃクリスタルキャラバンにゃなれんがな」
カルノアは刀を地面に刺してそう言った
「クリスタルキャラバン!そんなの聞いてねーぞ!」
「あ、やべ、これまだいっちゃいけなかったっけ?」
セノアは牛飼いの仕事を後にして村長の家に向かった・・・
村長の家に着いたが家の中には誰もいない
テーブルの家を見てみると一枚の紙置いてあった
その神には〟リバーベル街道へいってきます〝と書いてあった
とりあえず村長がいないと始まらないので
武器を用意してリバーベ街道へと向かうことに決めた
「おいセノア、まだキャラバンじゃないんだからいくと危ないぞ~」
「親父は黙ってろ、俺は行くからな」
そういってセノアは武器・防具・クリスタルを持って
リバーベル街道へと向かって行った…
「はぁ、短気なやつめ」

~リバーベル街道~
村長を探しにきたセノア、一応リバーベル街道へはたどり着いた
だが、これからどこに進めばいいのかまったくわからない
とりあえず適当に進んでみることにした。
「村長はどのあたりにいるんだ…」
そうつぶやいていると、草陰からゴブリンが飛び出してきた
「うっ、モンスター…って、どの道後でモンスターくらい出てくるか」
とりあえずゴブリンを戦うことにした

~続く~
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:1
| ~Light and the dark~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。